ご相談事例Case study

マンションの管理会社がマンションの大規模修繕工事の設計監理を行った場合の不正行為の例

  • その他

文京区のマンション(築12年12階段RC造28戸)の理事の方からのご相談です。

このマンションでは大規模修繕工事を進めるに当り、管理会社に依頼して設計仕様を決めて5社から見積りをとった。5社の内1社は組合推薦の業者であり残り4社は管理会社が選定した。その結果組合推薦業者の工事費が一番安かったのである。見積りは理事長宛と管理会社に同時に発送された。
その後管理会社は一部設計変更をして再度見積りをとったのであったが、2回目の見積りは管理会社のみに提出させたので一番札の会社の数字を見た上で意中の会社にそれ以下の数字を出させて理事会に報告して意中の会社を理事会で決定させたのである。
その辺の裏事情を理事が知った為にご相談に見えたのです。依頼の内容はせめて設計仕様書通りに工事を監理してほしいというものでした。
管理会社は工事会社を選定してその見返りに工事費の一部をピンハネするのです。
管理組合はそのような不正行為をさせない為にもセカンドオピニオンとして設計事務所と相談するのが良いと思います。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二