ご相談事例Case study

築48年のマンションの大規模修繕工事を行う

  • 外壁

新宿区の築48年のマンション(RC造4階建)の理事長様より、大規模修繕工事の設計監理依頼を受けて建物調査診断から業務を開始しました。ところが最終的な総会で事業決定をする際に、組合員数名の方から大規模修繕工事ではなく建て替えをすべきではないかとの意見が出されました。こうした組合員間の合意の形成は非常に大切で、ご理解を得ることが難しい場合もあります。私共は組合員の合意形成サポートも行っておりましたので、中立的な立場より、建物の寿命はヨーロッパ諸国の例があるように、メンテナンスさえきちんと行っていれば、人間の寿命以上に使用出来るという説明を申し上げました。

一方で建て替え工事と言葉では簡単に云いますが、それこそ区分所有者数の5分の4以上の賛成と議決権の5分の4以上の賛成による決議が得られるまでに数年は掛かると思われますし、管理組合だけで建て替えを進めるのは難しく、コンサルタントや事業協力者も決めなくてはならず、実例として10年程度を要している旨をお伝えしました。併せて大規模修繕工事計画と並行しての建て替え計画を行っていく必要性、協議が長期化する為に、管理組合とは別の組織として建替委員会を設置されることを提言致しました。更に今回の大規模修繕工事に於いて、少しでも建物の延命を図れるようにコンクリートの中性化のチェックを行い、中性化抑止及びアルカリ化効果のある材料を選定致しました。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二