ご相談事例Case study

大規模修繕工事現場でタイルの浮き劣化が多数確認された

  • 外壁

江東区の14階建マンションの第1回目大規模修繕工事で外壁調査診断を行ったところ多数のタイル浮き劣化が判明しました。
あまりにもタイルの浮き劣化が多いので、新築時の施工不良ということでマンション売主と新築施工会社に補償を求めたい、というものでした。
試験的に剝がされたタイルを確認すると、定尺(600×900)タイルと接着用薄塗りモルタルとが一体となってきれいに剥がれ、下地コンクリートと完全に剥離している状態でした。
剥離した下地コンクリート側の状態も確認したところ、コンクリート壁面はツルツルであり、目粗し(壁面コンクリートの表面を粗して凹凸を付け、接着性を上げる処理)が全く行われていませんでした。
コンクリート面に接着モルタルが一部でも残っているかどうかも調べましたが、それも見られない状態で、これではタイルが浮くのは当然であり、今までよく落下しなかったものだと思いました。この建物は免震工法を取り入れており地震の影響は受けにくく、その為、辛うじて落下しなかったものと思われます。
結果的に新築時の施工不良として然るべくご報告致しました。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二