ご相談事例Case study

大規模修繕工事の現場でタイルの浮きが多数確認された

  • 外壁

江東区の14階建のマンションの第1回目の大規模修繕工事で外壁の調査で多数のタイルの浮きが分り、管理組合の要望により現場調査に伺った。
現場では工事が進んだ段階であまりにもタイルの浮きが多いのでマンションの 売主と施工会社であるN建設に補償を求める為に調査を要望されたのである。
現場ではまず事務所で剥がされたタイルを見ると定尺(600×900)でタイルとうす塗のモルタルと一体となってきれいに剥がれていて下地コンクリートと完全に剥離している状態を確認した。
その後その部分の下地コンクリートの状態を見る為に足場に上り確認するとコンクリートの状態はツルツルであり、目荒(表面を荒らして凹凸を付ける事)が全く行われていない。
コンクリートにうす塗のモルタルが一部でもコンクリート表面に残っているかどうかも調べたがそれも見られない。これではタイルが浮くのは当然でありよく落下しなかったものと感心したがこの建物は免震工法を取り入れた建物なので地震の影響は受けにくく、それで落下しなかったものと思われる。
いずれにしろモルタルとコンクリートが密着するように必要な目荒しをしていなかったことが判明したのである。