ご相談事例Case study

マンションの竣工直前の検査を行う

  • 設備

築25年千葉県の7階建のマンション (RC造)のマンションの瑕疵保険の検査員として立ち合う。
保険の検査とは別に気のついたことがありましたのでまとめて見る。

1.開放廊下のコンクリート手摺の天端が通常は廊下側にテーバーをつけるがこの現場は平になっていた。現場所長に話を聞くと工事前は外壁側が汚れていたとのこと。

この解決方法としては
L型の水切り金物をつけて汚れ防止をする。
一般的には汚れが外壁側に流れないように廊下側に傾斜をつける。

2.玄関前のスペースに低い門扉と柵により専有使用の玄関前のスペースがあるがそこに使用されているアルミの穴明き板が錆びて白色状の斑点となっており非常に見苦しい。
色が濃い茶色なのでこれが目立つのである。
鉄部だけでなく、アルミも錆びるのでそのメンテナンスの費用も計画修繕に計上するようにしたい。