ご相談事例Case study

マンションの竣工直前の検査を行う

  • 設備

築25年千葉県の7階建のマンション (RC造)のマンション瑕疵保険検査員として検査に立ち合う機会がありました。
その上で、保険の検査とは別に気が付いたことがありましたので以下にまとめます。

1.開放廊下コンクリート手摺壁の上端は、通常は廊下側に向けて勾配を付けるものですが、勾配が全く付いておらず、平らになっていた為、雨水による雨垂れの汚れが外壁側に付着する様でした。

解決方法としては、水切り金物を付けて雨水が外壁を伝わらないようにする、又は手摺壁の上端に勾配を設けて雨水が外壁側に流れないようにする、といったことが挙げられます。

2.玄関前に各々低い門扉と柵が設けられ、専有使用のスペースとなっておりましたが、門扉のアルミ材が錆びて白色状の斑点となっており非常に見苦しいとのことでした。特にアルミ材が濃い茶色でしたので錆が目立っていました。鉄製品以外のアルミ材も錆びる為、経年劣化は致し方ないものです。

解決方法としては、アルミ材専用の塗料関係で塗装するか(アルミ材の塗料はあまり長持ちするものではないので一時的に)、アルミ材の交換が挙げられます。こうしたメンテナンス費用も費用対効果を考慮して、長期的な修繕計画に計上されることが望まれます。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二