ご相談事例Case study

住宅の屋根の塗装工事をしたら雨漏りがした

  • 雨漏り

木造2建(築8年)住宅の屋根(アスファルトシングル葺)の塗装工事を行ったところ2ヶ月後に雨漏りがしたとの相談です。

この住宅は築5,6年で雨漏りがあり、直してもらいその後雨漏りがおさまったようなので家をたてた工務店とは別の塗装業者に工事を依頼したものです

雨漏り後、ご主人は塗装業者に雨漏りの事を伝えたが塗装業者の云い分は屋根の勾配がシングル葺の場合は3.5/10以上なのに現場は3/10でありそれが原因と返答して来た。次に工務店に雨漏りのことを伝えるとこれも現場を調査して塗装業者がシングル材の重ね部分の縁切りをせずに塗装を塗っていることが原因と返答して来たのでどちらが正しいかと聞かれたがこの住宅は保険付住宅なので弁護士会の紛争処理委員会を紹介する (これが一番経費がかからないため)

このような案件で注意しなければならないことは次の2点です。

1. 屋根材の塗装は慎重に検討する。屋根材は簡単に劣化することはない。(営業トークにだまされないようにする。)一般的にメーカーは劣化防止のためであれば30年経過後でよいとしています。
2. 防水の保証は一般に10年であるが、10年以内に防水にかかわる工事をする際はやはり元施工の工務店でやるのがよい。そうしないと防水の保証が得られなくなる可能性が出てきます。この事は大規模修繕工事の場合も同様で保証年限内の改修は原則として元施工業者と打合せることを検討するのがよいと考えます。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二