ご相談事例Case study

住宅の屋根の塗装工事をしたら雨漏りがした

  • 雨漏り

木造2建(築8年)住宅の屋根(アスファルトシングル葺)の塗装工事を行ったところ2ヶ月後に雨漏りがしたとの相談です。

この住宅は築5,6年で雨漏りがあり、家を建てた工務店に改善してもらい、その後、その工務店とは別の塗装業者に工事を依頼したものです。

塗装工事後の雨漏り再発について、ご主人が塗装業者にその旨を伝えたところ、塗装業者からは屋根のもともとの勾配が原因との回答がありました。(シングル葺屋根の勾配は通常3.5/10以上とされているが、もともとの勾配が3/10であった為にそれが原因との回答)次に新築時の工務店に問い合わせたところ、塗装業者がシングル材の重ね部分の縁切りをせずに塗装を行ったことが原因との回答があった為、どちらの回答が正しいか、というものでした。両社の言い分については、新築時から時間も経過していた為、どちらが正しいと簡単には判断が難しいので、弁護士会の紛争処理委員会を紹介して解決してもらうようアドバイスしました。(この住宅は保険付住宅でしたので安価で弁護士会を利用出来ました)

前述の事例を踏まえ、このような案件で注意しなければならないことは次の2点です。

1. 屋根材の塗装など工事は慎重に検討する。屋根材は普通であればそう簡単に劣化することはありません。(修繕業者の営業トークに惑わされないようにする)
2. 防水関係の保証は一般的に10年間程度です。10年以内に防水にかかわる工事をする際は家を建てた工務店で行うのが理想です。第三者が工事を行った場合、継続しての保証が得られなくなる可能性が生じます。このことはマンションの大規模修繕工事の場合も同様で保証年限内の工事は原則として施工を行った業者に相談されることが望まれます。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二