ご相談事例Case study

マンションの雨漏りの調査に立ち会う

  • 雨漏り

川口市のオーナマンション (RC造7階建て15戸)で2年前に大規模修繕工事が完了したのに雨漏りがすると相談を受けました。早速、施工会社に確認をしたところ、雨漏りがした上階バルコニーを調査して原因と思われる箇所に散水調査を行い、赤外線カメラで撮影して漏水箇所を特定し直した。後日別の住戸でも雨漏りが生じたが、同様の調査を行っている、との事でした。赤外線カメラによる調査方法については漏水原因箇所に散水してから撮影するものではなく(それでは人の目による診断と変わらないので赤外線カメラを使う意味が無い)、建物全体を撮影し調査して、それによって判断することが望ましいと助言致しました。またこの施工業者は外壁を高圧水洗浄した後、下地の補修もせずに簡易防水材(撥水剤:はっすいざい)を塗って工事完了としていたのです。結果、外壁全面の再調査をご提案しました。また工事完了後の雨漏りは7年以上の保証を得られることが常識なので漏水補修に関する費用は支払う必要がないこともお伝えしました。

  • 覚悟の瞬間 株式会社尾﨑英二建築事務所 尾﨑英二