ご相談事例Case study

マンションの雨もりの調査に立ち会う

  • 雨漏り

川口市のオーナマンション (RC造7階建て15戸)で2年前に大規模修繕工事が完了したのに雨もりがしたので相談に見えた。 早速、現場で施工会社の担当者から説明をオーナーと私とで聞く。 1住戸で雨もりをしたので上階のバルコニーを調査してあやしいと思われる個所に水をかけて、赤外線カメラで撮影してその箇所を特定して直したが、後日別の住戸で雨もりを生じ、同じように調査したところでした。 私は赤外線カメラによる調査のやり方について、あやしい所に水をかけてカメラで撮影するのではなく (それでは人の目による診断と変わらないので意味がない)、まずカメラで調査して水もれ箇所を特定するための調査であることを説明しました。再度建物全体をカメラで調査してそれによって判断することを提案して了解を得ました。 大規模修繕工事の施工方法を担当者に聞いたところ、外壁を高圧洗浄した後、下地の補修もせずに簡易防水(撥(はっ)水(すい)剤)を塗って工事完了としたのです。 私はそれを聞いて外壁全面の調査を提案したのです。 又、工事完了後の雨もりは通常7年以上の保証がつくのが常識なので雨もりの改修工事費は支払う必要がなかったことも伝えました。